ツクリテ・ノート

札幌市立大学デザイン学部1年、コロのノンフィクションスクールライフ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | | TOP↑

コンセプトはモードチェンジ

こんばんは。
生徒用のロッカーの存在を今日まですっかり忘れていたコロです。
明日からは有効活用していこう。


本日は一回目の「スタートアップ演習」が行われました。
まずはこの演習についての説明ですね。

先日に述べた通り、札幌市立大学にはデザインと看護の二つの学部がある。
「人間重視」の考えの元、両学部が連携して世のため人のため、社会貢献をしていこうというのが我が校のテーマ。

その足がかりとなるのがデザイン看護合同で行う「スタートアップ演習」。
両学部の生徒を混合でいくつかの班に分け、各班で社会問題の改善方法などを議論、研究していくという内容だ。
つまりデザインと看護の両方の観点から、社会のためにできることを考えましょうという話。

今日は一回目なので、授業の説明と班の顔合わせのみ。



教授「はい、静かに!」



本日の司会、原教授の声がスピーカーから聞こえてくる。
少しして、静まる教室。


教授「プリントをまだもらってない人はいる?」


僕らの手元にあるこのプリント。
一枚目には今日の説明の概要が、二枚目には"自己紹介カード"と印刷されていた。




教授「この自己紹介カードは、後から担当の先生が回収して大事に保存します」



そうですか。



教授「ここに記入した情報はスタートアップ演習以外では使いません。なので、ここに書いた連絡先に私が電話をしたりすることはありません」



まぁそうでしょうね。



教授「もしも私から電話がかかってきたら学生課にクレームをつけてください」




いや、あんたにクレームつけるよ。






さて、前座トークも終わったことだし、恒例の学長のご挨拶といきましょうか。








………………。









…………………?










教授………学長来ないなぁ






まさかの学長遅刻。



この大学の先行きが心配でなりません。








数分後、学長が入室。

そしていつも通り、たいへんありがた~いお話をいただきました。
どうして長と名のつく人の話は回りくどいのか。



お話終了後、なにかと忙しいらしく、学長はすぐに退室していった。
代わってマイクを受け取ったのは再び原教授。




教授「え~、今の学長の話は抽象的でよくわからなかったと思います」




言っちゃった!!!


いや、たしかにその通りだけどさ、本人今ここにはいないけどさ、教員がマイクを使ってそれを言っていいのか。



その後、プロジェクターを使ってスタートアップ演習についての説明が始まる。
内容の要約は先ほど述べた通り。

さて、お次は具体例だ。



教授「いきなりやれと言われても、何をやっていいかわからないと思います」



ええ。




教授「例えば、新しい、使いやすい車イスのデザイン」


スクリーンに車イスの写真が映し出される。
ああ、なるほど。デザインと看護の融合ですね。



教授「あとは…人に優しい介護ロボット」



スクリーンに映し出される、老人を抱きかかえる介護ロボの写真。
顔はあまりかわいくない。




教授「そして未来型ロボット!」







映し出されたのは某青いネコ型ロボット。





ああ、たしかに未来のロボですね。

その横には次々とそのロボットの特徴が表示されていく。



・どこでもドア(どこでも行ける)
・四次元ポケット(何でも出てくる)


実現可能なのかは完全無視のご様子。


・タケコプタ(飛べる)


最後の「ー」が足りない。


・どら焼き(薬)


教授曰く、どら焼き型の薬らしい。
子供も飲みやすいとのお話。




・静ちゃんモード(やさしさ)


まさかのモードチェンジ。


なるほど、人にやさしいロボットですね。
しずかちゃん人格のドラえもんですか………。





・デキスギくんモード(かしこさ)



なんと二段変形。



もうツッコむ気力もないよ。








さて、その後は先輩方の例を紹介。
病院内のコンビニや、札幌駅の環境改善。
老人用の杖など、様々なアイディアがあっておもしろかったです。



そんなワクワク気分のスタートアップ演習、ついに開幕。



班ごとに指示された教室へ移動し、簡単な自己紹介。
そして班のリーダー(両学部から1人ずつ)と班の名前の決定だ。

僕の所属するのは松井教授率いる第6班。
デザイン学部リーダーは僕に決まった。




そして気になるチーム名。
候補をみんなで考え、多数決で決めた。
さて、その名も…






まりもっコロ







超ご当地ネタ。
まりもっこり」のパロディです。
しかも僕のあだ名の「コロ」を使っているのだが、全然嬉しくないこのキャラクターチョイス。




とりあえず、リーダーとしての最初の目標はチーム名の改名になりそうだ。



スポンサーサイト

| 日記 | 00:47 | コメント(1) | TOP↑

 ようやくたどり着きました。
 ブログ、楽しみにしています。
 頑張ってください。

| 金子 | 2008/04/13 14:42 | URL |













管理人にのみ表示

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。